塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 【防水工事】

【防水工事】

塗装の豆知識 2021.09.09 (Thu) 更新

こんにちは。
長野県上田市の外壁塗装&屋根塗装専門店の サンテクペイント です。

 

本日は、【 防水工事についてお伝えさせて頂きます。

雨漏りなどを防ぐために必要な防水工事。

今回はその防水工事の目的と、防水層の耐年限について説明していきます。

防水工事の目的

建物における防水工事の目的は雨漏りを防ぐことはもちろんですが、生活水などの漏水を防ぐためにも欠かせません。戸建て住宅はもちろんですが、ビルやマンションなども防水の重要性は高いです。防水の基本は建物の内部に水を通させない膜を作ることが最大の目的です。

建築物を作る際にも防水を意識して設計や施工をしていますが、それだけでは100%安心とは言えません。定期的な点検をして必要に応じてメンテナンスを行う必要があります。また、不具合のある箇所には適した形で再度防水を施工することが必要不可欠となります。防水の施工工法は様々ですが、水を通さない幕を使用する工法にはシートによる防水(シート防水)液状の樹脂を使用する施工では塗膜防水工法などがあります。

また、外壁や窓枠、部材の継ぎ目にシーリング材を埋め込んで行うシーリング防水もあります。また、工法における分類ではシート防水、塗膜防水の他にも塗ることと、貼ることを組み合わせたアスファルト防水もありますが、それぞれ目的と用途に合わせて選択をする必要があります。

自分自身で身近に確認できる防水で一番わかりやすいのは、住まいの壁などの目地に埋め込まれたシーリング剤が痛んでいないかどうかです。また、外壁や屋根にひびが入っているかどうかのチェックも欠かせません。ひびや隙間に水が入り込んでくると雨漏りの原因になるので、見つけたら早めに適切な対処が必要になります。

現状、防水処理がされていても、防水シートが切れていたりめくれていたり継ぎ目に隙間がある場合や、防水目的で塗装した塗料がはがれているかどうかなどもチェックを行うといいです。

防水のチェックで必要なことは、外壁の防水は主にひび割れに対する補修です。防水の寿命は10~15年程度といわれていますが、立地条件によって異なります。また、表面塗膜の保護防水のみのメンテナンスでも寿命を延ばすこともできるので、定期的に補修の必要性があるところには早めに補修を行うのが望ましいです。

 

 

防水層の耐用年限はどれくらいか

防水層の耐用年限とは、防水層が防水機能を有している期間、防水層が老化・劣化してその機能を失い、漏水が発生してくるようになるまでの年数のことです。

よく、保証期間と混同されますが、保証期間は防水工法の種類に関係なく10年となっているのが現状です。耐用年限は、防水工法の種類、防水工法のグレードなどによって異なるので、はっきりとした数字は出せませんが、一般的に工事保証期間の2~3倍の年数だといわれています。しかし、耐用年限・保証機関とも共通して言えることは、施工時の条件によって、その期間が左右されることをあらかじめ知っておく必要があります。

 

防水工事はとても大切なことです。雨漏りなどの被害があると、さらに修復が大変になりますし雨漏りによる二次被害もあります。外壁などの劣化状況をぜひチェックしてみてください。気になる劣化症状などありましたら弊社にお問い合わせください。

防水工事の工法については、別の記事で紹介させていただきます。ぜひご覧ください。

 

記事をご覧頂き誠にありがとうございました。

これからも長野県上田市密着の外壁塗装専門店「サンテクペイント」を

よろしくお願い申し上げます。

▼外壁塗装のおすすめ商品一覧こちら

▼サンテクペイントの施工事例こちら

▼外壁・屋根の無料診断こちら

▼上田市最大級の外壁塗装専門ショールームこちら

▼外壁塗装&屋根塗装についてのご相談こちら

▼上田市で雨漏りのご相談はこちら

長野県 上田市の塗装会社「サンテクペイント」