塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 【賃貸オーナーさん必見!】~マンションの修繕工事は築何年で行う?~

【賃貸オーナーさん必見!】~マンションの修繕工事は築何年で行う?~

塗装の豆知識 2022.06.08 (Wed) 更新

長野県上田市の皆さんこんにちは。 
長野県上田市の外壁塗装&屋根塗装専門店の サンテクペイント です。 

 

本日ブログを執筆させていただきます、事務担当の湯澤です🍊

お客様の中には、マンションやアパートなどの賃貸オーナーさんもいらっしゃると思います。

アパートやマンションは一般住宅とは材質や大きさも違いますが、メンテナンスにはどのような違いがあるのでしょうか?

一般家庭のメンテナンスの頻度は平均10年に1回と言いますが、マンションやアパートの場合はどうでしょう?

今日はアパート・マンションのメンテナンスについてお伝えします。

 

アパートやマンションのメンテナンスとは?

アパートやマンションも一般家屋と同じように、紫外線や経年劣化で不具合が発生します。

基本的にアパートやマンションのメンテナンスというと、外壁の塗り替えなど工事が広範囲に及ぶ【大規模修繕】のことを指します。

対して、同じ修繕でも【小修繕】がありますが、こtらの工事はタイルが落ちそうな場合や、雨漏りがあった場合に応急処置で行う修繕のことを言います。

大規模修繕と小修繕とでは工事内容やタイミングが異なります。

 

アパートやマンションのメンテナンスを行う目的

一般家屋と比べると上部に作られているイメージの賃貸住宅ですが、雨や風・紫外線などの影響を受けて少しずつ劣化が進行していきます。

アパートやマンションのメンテナンスでは、建物に発生した劣化を修復し【安全性の維持】と【資産価値を守る】ことを目的としています。

実は、メンテナンスを行う時期ははっきりとした期限は設けられていませんが「目立った劣化はないし、まだしなくて良いか・・・」と先延ばしにしてしまうと、劣化がどんどん深刻化し、気付けば修繕費が高額になってしまう可能性があります。

賃貸住宅の美観や移住性を維持するためにも、劣化状況を定期的に点検し、適した時期にメンテナンスを行う必要があります。

 

アパートやマンションのメンテナンスはなぜ12年が目安なのか

賃貸住宅のメンテナンスは12年で行うのが目安となっています。

その理由のひとつとして、国土交通省のガイドラインで「外壁塗装などの【建物】に関数工事は12年を目安に行う」としていることがあります。

その他に、建物を保護する塗料の寿命が関係しており、塗料の性能が持続するのは平均8~12年が目安となっています。

塗料を外壁に塗装することで塗膜が形成され、建物を紫外線や雨風から保護する役割をしていますが、その効果が失われるとそこからひび割れや浮きなどが発生していきます。

これらの理由から、修繕箇所が比較的少ない12年をひとつの目安として、定期点検を踏まえたうえでメンテナンスを行います。

また、海が近い、大通りに面しているなどの立地条件によっても劣化具合が異なるため、周辺環境にも考慮が必要です。

 

1回目のメンテナンス箇所はどこ?

1回目の修繕箇所は、実際にどのような工事が行われているのでしょうか?

下の表は主な修繕箇所と工事内容です。

メンテナンス箇所 工事内容
屋上 補修・防水加工
バルコニー 防水加工

外壁

塗り替え・コンクリート補修・タイル貼り替え・コーキング打ち替え
廊下や階段 防水加工
エントランス 補修

また、国土交通省の実態調査によると、修繕工事の金額の内約は【外壁塗装】と【防水工事】が多いという結果になっています。

*外壁関係(塗装・タイルの補修を含む)24%

*防水関係 22%

*仮設関係 19.2%

アパートやマンションのメンテナンスでは、紫外線や雨風の影響を受けやすい外壁や屋根・屋上に塗り替え工事や防水工事を行うことが多いです。

仮設工事とは、外壁塗装を行う時など足場架設の際に欠かせない工事で、工事の際にには基本的に仮設工事を一緒に行う考えておきましょう。

 

2・3回目の工事は?

約12年に一度に1階のペースで行う目安でうが、2回目は1回目とほとんど変わらない工事で済む場合が多く、3回目になると、共用部のサッシまわりの取替などの工事が追加されることもあります。

築年数に応じて劣化が進行するため、工事の回数を重ねるごとに修繕箇所が広範囲になりますが、劣化した箇所をそのままにせず、定期的にメンテナンスをしておくことで、建物をより長持ちさせることができます。

 

メンテナンス費用は、分譲・賃貸によって異なる

アパートやマンションなどの費用は、分譲マンションの場合1戸あたり60~70万円程度、賃貸マンションの場合は3-~50万円と言われています。しかし、マンションの大きさによっても金額は変動します。

 

失敗しない!メンテナンスでは業者選びがポイントになります!

アパートやマンションのメンテナンスは定期的に行う必要があるため、1回限りではなく、長く付き合えるパートナーのような業者を選ぶことがポイントです。

そのためには、予算にあった提案をしてくれたり、20年・30年先のことをよく考えて提案をしてくれる業者を選ぶことで、小さな劣化が発生したときにもスピーディに対応してくれると良いでしょう。

実績が豊富で、地域に根差した地域密着業者を選んでおくと安心です。

 

 

 

記事をご覧頂き誠にありがとうございました。

これからも長野県上田市密着の外壁塗装・屋根塗装専門店「サンテクペイント」を

よろしくお願い申し上げます。

▼外壁塗装・屋根塗装のおすすめ商品一覧こちら

▼サンテクペイントの外壁塗装・屋根塗装施工事例こちら

▼外壁塗装・屋根塗装の無料診断こちら

▼上田市最大級の外壁塗装・屋根塗装専門ショールームこちら

▼外壁塗装&屋根塗装についてのご相談こちら

▼上田市で雨漏りのご相談はこちら

長野県 上田市の外壁塗装・屋根塗装会社「サンテクペイント」