塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 塗装工事を少しでも安くしたい方!長持ち塗料を選んでトータルコストを抑えるのがおすすめです!

塗装工事を少しでも安くしたい方!長持ち塗料を選んでトータルコストを抑えるのがおすすめです!

塗装の豆知識 2022.07.16 (Sat) 更新

長野県上田市の皆さんこんにちは。 
長野県上田市の外壁塗装&屋根塗装専門店の サンテクペイント です。 

本日はブログを執筆させていただきます、湯澤です🍊

塗料には、寿命があります。5年?10年?20年?

塗料に使われている樹脂成分や、建物が普段さらされている環境にもよりますが、塗料は新築で建てても約10~15年で劣化が発生すると言われています。そこから劣化の進行速度においてもそれぞれなので、一概に言えませんが20~30年で内部にも劣化が進み大きなメンテナンス、すなわち大工事が必要になってくるでしょう。

この記事では、皆様に少しでもお家に長く快適に住んでもらうために、長持ちの秘訣をお伝えします!

長持ちさせる一番の秘訣は塗料の成分!

塗料を長持ちさせたいのであれば、塗料の成分にこだわりましょう。

塗料は主に「顔料」「合成樹脂」「添加剤」の三つの成分で作られています。このうちの「合成樹脂」と呼ばれるものが、塗料の耐久性を左右する成分です。合成樹脂には、シリコン・ウレタン・フッ素などがあり、それぞれ耐久性が異なります。

ここではいくつかの代表的な樹脂塗料をご紹介します。

耐久性1位 フッ素塗料(期待耐用年数:15年~20年)

フッ素樹脂塗料は今回ご紹介させていただく中でも、一番耐久性が高い塗料です。外壁塗装工事でフッ素塗料を選ぶと工事費用は100万円を超えることが多いですが、期待耐用年数も15年~20年と長いので、メンテナンスの頻度を減らすことができ、最終的にコストパフォーマンスも抑えることができます。

耐久性2位 ラジカル制御型塗料(期待耐用年数:12年~15年)

ラジカル制御型塗料は歴史はまだ浅いですが、塗料を劣化させる因子を抑制する機能があり、良く注目されている塗料です。従来の塗料と比べてどうしても信頼性は薄れますが、それ以上に長い耐久性や、コストパフォーマンスの軽減に期待できる塗料です。

耐久性2位 シリコン塗料(期待耐用年数:10年~13年)

シリコン樹脂塗料は耐久性やかかる費用ともに平均的で、現在外壁や屋根塗装で一番多く使われる塗料です。塗料選びで迷ったときには、期待耐用年数約10年・価格も高すぎず安過ぎないシリコン塗料を選ぶと良いかもしれません

水性・油性・1液・2液の違いによっても耐久性は異なる

希釈液体の違い

塗料の中には、樹脂成分の違いだけでなく「水性塗料」「油性塗料」という希釈する液体が水なのかシンナー(または溶剤)なのかという【希釈液体の違い】もあります。

例えば、同じシリコン樹脂塗料だったとしても

〇油性塗料の2液型タイプ

〇油性塗料の1液型タイプ

〇水塗料の2液型タイプ

〇水性塗料の1液型タイプ

などが存在し、施工方法から耐久性、費用にも大きな違いがあります。

水性塗料と油性塗料の違い

塗料は基本塗料缶の中身をそのまま使うのではなく、シンナーなどで規定の濃度まで薄めてから使用します。水性塗料の場合、シンナーではなく水で薄めます。シンナーに比べて臭いや人体への害は少ないかもしれませんが、油性塗料よりも密着性がなく耐久性も低いです。油性塗料は、臭いも強く価格もそれなりだが、乾燥するととても丈夫な塗膜を形成するので、長持ちします。

1液型と2液型の違い

水性塗料・油性塗料のなかにも更に、1液型・2液型があります。ひとつの缶で水かシンナーで溶かすだけて使用できるのは1液型です。二つの缶があり(主材と硬化剤)を上手に混ぜ合わせ攪拌させてから使用するのが2液型です。2液型塗料は現場で混ぜ合わせる手間があるので、価格も高くなっていますが、適切に攪拌ができれば塗膜は1液型塗料よりも丈夫になり、長持ちさせることができます。

付帯部も補修をして家を長持ちさせる

塗装工事の際には、目地のコーキングや雨樋・軒天などの付帯部の補修も同時に行い定期的にメンテナンスすることで、建物全体の耐久性が上がり、家自体を長持ちさせることができます。

屋根にはワンランク上の塗料を

建物の中で一番高い場所にある屋根は、外壁よりもはるかに雨風・紫外線の影響を受けはやく劣化が進行していきます。そのため屋根だけ先に劣化してしまい塗装工事に無駄な費用をかけるころになってしまうのです。

屋根だけ劣化してしまうのを防ぐには、屋根に特殊な塗料を使用することです。現在では「低汚染性塗料」や「遮熱塗料」「断熱塗料」といった特殊な機能を持った塗料もたくさんありますので、是非ご検討ください!

コーキング補修はとても重要

外壁、屋根以外の場所でかなり重要な役割を担っているのがコーキングです。

外壁材のボードとボードをつなぐ目地のことをコーキングと言います。この目地は、外壁に雨水が侵入してしまわないよう防水の役割を果たしいるのです。

信頼できる業者を選ぼう!

最終的に、お客様の希望を聞き入れてどんな塗料にするか、どんな工事にするかは、業者次第です。お客様にあった信頼できる塗装業者を探して、納得のいく工事をしてもらいましょう★

まとめ

塗装した外壁や屋根を長持ちさせるためには、その塗料に定められた規定通りの正しい施工が必須です。良い塗料を選ぶことも大切ですが、正しい施工をしてくれる業者を見つけることが第一です!

弊社では、お客様のお気持ち・お家の状態を最優先に考え、プロの提案をさせていただきます。わたしたちは、皆様のお家を長持ちさせるために活動しています。

ご不明点や、お悩みの点などございましたら、いつでもご相談ください!

記事をご覧頂き誠にありがとうございました

これからも長野県上田市密着の外壁塗装・屋根塗装専門店「サンテクペイント」を

よろしくお願い申し上げます。

▼外壁塗装・屋根塗装のおすすめ商品一覧こちら

▼サンテクペイントの外壁塗装・屋根塗装施工事例こちら

▼外壁塗装・屋根塗装の無料診断こちら

▼上田市最大級の外壁塗装・屋根塗装専門ショールームこちら

▼外壁塗装&屋根塗装についてのご相談こちら

▼上田市で雨漏りのご相談はこちら

長野県 上田市の外壁塗装・屋根塗装会社「サンテクペイント」