塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 塗装工事を行う際に重要な気象条件を徹底解説!~長野県上田市密着型の塗装専門店です~

塗装工事を行う際に重要な気象条件を徹底解説!~長野県上田市密着型の塗装専門店です~

塗装の豆知識 2022.09.22 (Thu) 更新

長野県上田市の皆さんこんにちは。 
長野県上田市の外壁塗装&屋根塗装専門店の サンテクペイント です。 

本日ブログを執筆させていただきます、事務担当の湯澤です🍊

台風が来て雨が降ったり強風が吹いたり、天候・気温が落ちっつかない日が続きます。

まさに現在塗装工事の最中の方の中には

「雨が降っている日に塗装工事は行うのか?」

「強風だけど足場やシートは大丈夫だろうか?」

「台風で塗装の仕上がりに影響がでてしまうのではないか?」

と不安を抱えていらっしゃる方も多いでしょう。

 

塗装工事は年中行うことができますが、季節によって適切な施工方法を行う必要があります。塗装工事ができる気象条件というのが決められていて、それに基づき工事を行うか中止するかを見極めます。

今日はそんな塗装ができる気象条件をご紹介させていただきます。

 

塗装に適している季節は?

お客様がよく心配なさることは「冬は寒いし雪も降るから塗装の仕上がりに影響がでるのでは?」という、季節別の天候による塗装の仕上がりへの影響力です。

塗料に雨が混ざってしまったり、塗料が乾ききっていないところに雪が降ったりした場合、施工不良となります。塗膜が水分過多になり膨れを発生させたり、密着性が低下して剥がれっる可能性もあります。

こういったリスクを考えれば、塗装に一番適しているのは雪や雨が少なく、気候が安定している季節。つまり、春・秋です。

春や秋は降水量が少なく気温も安定しています。積雪がある冬や台風が発生する夏に比べたら作業もしやすく、お客様も安心かもしれません。

しかし、塗装は年中行えます。

塗装工事ができる条件をクリアできていれば、仕上がりに影響を与えることもありませんし、冬はむしろ乾燥しているので塗膜の強化にはもってこいの季節なのです。

長野県 上田市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り リフォーム

 

 

塗装工事ができる気象条件

塗装を行って良い条件は日本建築学会が発行しています。

 

★塗装場所の気温が5℃未満、相対湿度が85%以上もしくは、適切でなく結露する等によって戸尾亮の乾燥に不適切な場合は原則として塗装作業に着手しない。

やむを得ず塗装を行う場合には、採暖と換気などのの養生を行う。

 

 

冬や夏に塗装工事を行う際に注意すること

湿気が多いときや雨が降ったときのリスク

①塗料が固まるのに時間がかかる

本来塗料は乾燥させる時間が決まっており、規定の乾燥時間以上置いてしっかりと乾燥させる必要があります。塗料は固まってかた初めて塗料の機能性を発揮します。乾燥時間が不十分であったり、湿気や雨のせいで硬化が遅くなってしまうと、塵埃が付着したり水滴がついたりしてしまうリスクがあります。

塗料が硬化するメカニズムはとても複雑で、物理的、化学的、物理化学的に分けられ進行していて、これらがすべて適切に完了しなければ塗膜はうまく形成されません。

塗装を行ううえで乾燥時間はとても大切なのです。

 

②かぶり現状のリスク

かぶりと聞くと、あまり聞きなれないイメージをする方が多いと思います。

塗料は本来塗料に含まれるシンナーや水などの溶剤が蒸発して硬化するのですが、液体が気体になるにはエネルギーが必要です。

そのエネルギーを消費することで塗料の温度は下がり、その結果結露をする可能性もあります。

塗料が硬化していない状態のまま結露してしまえば、塗料に水分がしみ込んでしまいもやがかかったように滲んだ仕上がりになってしまいます。これを「かぶり現象」と言います。

かぶり現象を回避するためには、塗料が乾燥しやすい環境であることが重要ですね。

 

知っておきたいポイント💡

①水性塗料よりも溶剤塗料がおすすめ!

塗料は希釈剤になにを使用しているかによって種類が異なります。希釈剤に水を使用しているのは水性塗料。希釈剤にシンナーなどの溶剤を使用しているものは溶剤塗料と言います。

水はニオイが少なく、作業性を良いので好まれる塗料ではありますが、同時に同じ成分でも溶剤に比べて耐久性が劣ってしまう点や、乾燥に時間がかかるという点ては溶剤の方が機能性は高いと言えます。

冬や夏の気候が不安定な時期に塗装を行ううえでは、乾燥時間がはやい溶剤塗料の使用をおすすめします。

 

 

②予定にていたスケジュールが長くなる 

雨が多い時期や湿気が多い季節が塗装の工事スケジュールが前もって長く組まれる可能性があります。通常塗装工事だけであれば、外壁・屋根のみで1週間~10日、外壁屋根両方であれば10日~2週間ほどかかります。

しかし、夏や冬の場合はこの予定を少し延ばしてお知らせすることがあります。工事中は、足場やメッシュシートがかけられ、お家の中は昼間でも暗くなってしまう他、ニオイが気になったり、工事中の騒音が気になったりとストレスになってしまう可能性もあります。

工期をできるだけはやく済ませたい方は、夏や冬に施工するのは断念した方が良いかもしれません。

 

③延長料金が発生するか否かを確認する

天気が不安定な季節は工期が大幅に伸びてしまう可能性があります。通常は天候の影響による工期の延長に追加の費用がかかることはありませんが、業者によっては延長料金をとるところもあります。

想定なく追加の費用がかかることを避けるために、契約の段階で見積もりに延長料金の記載があるか、また見積もりに記載がなくても延長料金は発生する可能性があるのかどうかをしっかりと確認しておくことが重要です。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

塗装に適した季節は春と秋とご紹介いたしましたが、塗装工事は年中行うことができます。

しかし、湿度が多い日や雨が降っている日に塗装工事を行うと施工不良や早期劣化の可能性がありますので、季節にあった施工をしてくれる信頼できる業者さんを選びましょう!

 

 

 

記事をご覧頂き誠にありがとうございました。

これからも長野県上田市密着の外壁塗装・屋根塗装専門店「サンテクペイント」を

よろしくお願い申し上げます。

▼外壁塗装・屋根塗装のおすすめ商品一覧こちら

▼サンテクペイントの外壁塗装・屋根塗装施工事例こちら

▼外壁塗装・屋根塗装の無料診断こちら

▼上田市最大級の外壁塗装・屋根塗装専門ショールームこちら

▼外壁塗装&屋根塗装についてのご相談こちら

▼上田市で雨漏りのご相談はこちら

長野県 上田市の外壁塗装・屋根塗装会社「サンテクペイント」