塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 冬に塗装工事を検討している方必見です!塗装ができる環境の条件とは!~塗装工事で失敗しないために~

冬に塗装工事を検討している方必見です!塗装ができる環境の条件とは!~塗装工事で失敗しないために~

塗装の豆知識 2022.11.16 (Wed) 更新

長野県上田市の皆さんこんにちは。 
長野県上田市の外壁塗装&屋根塗装専門店の サンテクペイント です。 

本日ブログを執筆させていただきます、事務担当の湯澤です🍊

最近、昼間さす陽はとても暖かく気持ちが良いですが、朝晩はとても冷え込みますね・・・⛄寒暖差が激しいと体調を崩しやすくなってしまいます。新型コロナウイルスに加え、インフルエンザを流行る時期になりますので、皆さん体調には十分注意してお過ごしくださいね!

 

さて、今日は寒くなってきたという事で「塗装工事」と「気温」の関係についてお話させていただきたいと思います。

塗装工事をご依頼いただくお客様は「寒い時期は塗装工事ができないのでは?」「仕上がりに影響がでてしまうのでは?」と心配なさる方がとても多いです。

塗装工事には適している環境、適していない環境があり、適していない環境の中塗装工事を行えば仕上がりに影響が出るばかりか、塗料の耐久年数分持たずに工事後わずか1,2年程度で剥がれや膨れが発生してしまう可能性もあります。

塗装工事は適した環境で行うことがとても重要なのです。

では塗装工事を行うにあたって「適した環境」とはどういった環境のことを指すのでしょうか?塗装工事を行うための規定条件も踏まえお話させていただきます!

 

国土交通省によって定められている塗装工事に適した環境

塗装工事をはじめ、仮設工事、鉄筋工事、防水工事、左官工事などの建築工事は、施工方法や管理方法などが国土交通省によって定められています。ここでは公共建築工事標準仕様書を元にご説明いたします。

18章で塗装工事について書かれています。施工管理の項目に工事を行う環境について記述されています。以下抜粋です。

◆気温が5℃以下、湿度が85%以上、結露等で塗料の乾燥に不適当な場合は、塗装を行わない。ただし、採暖、換気等を適切に行う場合は、この限りではない。

◆外部の塗装は、降雨のおそれのある場合又は強風時は、原則として、行わない。

国土交通省によって定められている環境についての規定は「気温が5℃以下、湿度85%以上の場合塗装は行わない」、「降雨の可能性がある場合は塗装は行わない」という点です。

ではなぜ「気温5℃以下」「湿度85%以上」のときに塗装工事を行ってはいけないのでしょうか?具体的に説明させていただきます!

 

①気温が低くなると「塗料の硬化に時間がかかってしまう」

一つ目の理由として挙げられるのが塗料が硬化するまでの時間が長くなってしまう点です。塗料は固まってからその性能を発揮します。化学反応を利用して塗膜を形成していきますが、物によってとても複雑で物理的、物理化学的、化学的の3項目に分かれ塗膜形成が進行していく仕組みになっています。安定した塗膜を形成できて初めて塗料の機能性を発揮することができるのです。

しかし、固まる間に塵埃が付着したり、水滴がついてしまったら塗料の化学反応がうまくいかず性能を発揮することが難しくなり、剥がれや膨れの原因となってしまうのです。

塗料が硬化するまでの時間が長くなってしまうときことは、このような塗膜へのリスクが増えるという点で気温が5℃以下の状態での塗装工事は推奨されていないのです。

 

②気温が低くなると「結露が発生しやすくなる」

気温が5℃以下の場合に懸念されるリスクのもうひとつが「結露の発生」です。

結露は常温のコップに冷たい飲み物を注ぐと温度の関係でコップに水滴ができる、このような現象のことを言います。

サウナなどでも空気中に含まれる水蒸気量が多いので、壁に水滴ができているのを見たことがある方もいるかもしれません。

塗装を行う前に外壁や屋根などの塗装箇所が結露で濡れてしまっている場合が塗装はできませんので乾燥するのを待つしかありません。

また、塗装後塗料が硬化していないのに結露が発生してしまった場合、塗膜の流れや防サビの効果が低下してしまう可能性があります。

塗膜が流れなかったとしても結露が発生すると固まりきっていない塗料に水分がしみ込んで、もやがかかったような仕上がりになってしまいます。(「かぶり」と言います)

 

まとめ

塗装工事には様々な規定があります。工事を行う環境をはじめ施工方法や塗料の扱い方など多種多様です、これらすべてが適切に行われて初めて完璧な塗装工事になります。

職人さんや現場監督はこれを当たり前に行っていますが、天候の変化を常に意識ニュースの確認も行い、更に塗料の状態、下地の状態などの確認も随時欠かせません。大変なことですね。

中には、これらの規定を無視して雨天時や5℃以下、高湿度のときに施工を行ってしまう業者をいますので、業者選びの際には信頼でき、できれば工事の進捗情報を逐一共有してくれるマメな業者を選ぶと良いと思います。

塗装工事は仕上がりだけではありません。その後の耐久性がなにより重要ですので、是非塗装工事を行う環境には注意をしてください!

これからの季節塗装を検討されている方は、業者としっかりと情報共有を行い、適切な環境の中で施工してもらえるようにしましょうね!

 

 

記事をご覧頂き誠にありがとうございました。

これからも長野県上田市密着の外壁塗装・屋根塗装専門店「サンテクペイント」を

よろしくお願い申し上げます。

▼外壁塗装・屋根塗装のおすすめ商品一覧こちら

▼サンテクペイントの外壁塗装・屋根塗装施工事例こちら

▼外壁塗装・屋根塗装の無料診断こちら

▼上田市最大級の外壁塗装・屋根塗装専門ショールームこちら

▼外壁塗装&屋根塗装についてのご相談こちら

▼上田市で雨漏りのご相談はこちら

長野県 上田市の外壁塗装・屋根塗装会社「サンテクペイント」