塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 雨漏りの原因について

雨漏りの原因について

2021.06.03 (Thu) 更新

こんにちは。
長野県上田市の外壁塗装&屋根塗装専門店の サンテクペイント です。

今回は【雨漏りの原因について】お話させていただきます。どうぞお付き合いください!

 

施工不良が原因で雨漏りが起きてしまう、

・原因

雨水が侵入しやすい箇所として、換気口やサッシ(窓枠)などの開口部などがあります。

換気口や窓を取り付ける時に、建物内へ雨水が侵入しないよう「雨仕舞」を行いますが、

この「雨仕舞」がしっかりとできていないと、開口部かた雨漏りが発生してしまう可能性が高いです。

 

経年劣化が原因で雨漏りが起きてしまう、、

・原因

外壁材であるサイディング壁やモルタル壁・タイル壁等々、どんな素材でも年月が経つと共に劣化が進みます。それを経年劣化といいます。

その劣化症状によっては、雨漏りを発生させる原因となる事もあり主な原因として

・コーキングの劣化(破断や剝離等)

・構造クラック(幅0.3mm以上のひび割れ)の発生・外壁材の欠け・外壁材の反り

等になります。

仮にシーリングの劣化や構造クラックが生じていて、いつもは雨漏りしなくても

梅雨、台風時の強烈な雨が降った際は、劣化箇所からの雨漏りが発生が非常にしやすくなります。

ですので、「経年劣化じゃ雨漏りしないから大丈夫」ではなく「経年劣化が現れた(コーキング劣化・チョーキング・クラックなど)」

際に修理をした方がこの先大きな損害にならずにすむかと思います。

 

外壁からの雨漏りは気づきにくい

外壁からの雨漏りは、皆さんの目に見える部屋内の壁や天井に『雨染み』などの痕跡がないため、気付きにくいと言われています。

「雨漏りが起きた」こと気付くころには、雨水がポタポタと垂れてきていますので雨染みも生じますが、

それは雨漏りの最終的なものであり、もう遅いとなるケースも多々あります。

外壁と内壁の間には、建物を支える柱や鉄筋が組まれていて、断熱材や防水紙があるため、

外壁から雨水が侵入し皆さんの目の前に垂れてくる間に、建物の内部を腐食させているのです。

これが柱を腐らせる【腐朽菌】に繋がります。

 

それならどうすれば・・・?

 

実際に雨漏りが始まってから、居住者が「雨漏りしている」と気づくまでには、

目に見える痕跡がなく調べる方法もないので、外壁からの雨漏りは気づきにくいです。

そのため定期的にメンテナンスを施し、【雨漏りを起こさない】ことが大切です。

 

壁が劣化してるかも?屋根が劣化してるかも?そう思われた方は一度、無料なのでぜひ見積もりを取られてみてはいかがでしょうか!

 

記事をご覧頂き誠にありがとうございました。

これからも長野県上田市密着の外壁塗装専門店「サンテクペイント」を

よろしくお願い申し上げます。

▼外壁塗装のおすすめ商品一覧こちら

▼サンテクペイントの施工事例こちら

▼外壁・屋根の無料診断こちら

▼上田市最大級の外壁塗装専門ショールームこちら

▼外壁塗装&屋根塗装についてのご相談こちら

▼上田市で雨漏りのご相談はこちら

長野県 上田市の塗装会社「サンテクペイント」