塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 【屋根材のメンテナンス方法】

【屋根材のメンテナンス方法】

塗装の豆知識 2021.09.22 (Wed) 更新

こんにちは。
長野県上田市の外壁塗装&屋根塗装専門店の サンテクペイント です。

 

本日は、【 屋根材のメンテナンス方法 】についてお伝えさせて頂きます。

今回は、金属系・スレート系・セメント瓦・日本瓦の屋根材のメンテナンス方法について紹介させていただきます。

屋根材の種類別メンテナンス方法

金属系

金属系の屋根はガルバリウム鋼板、トタン、銅板などの種類があり、他の屋根材に比べて軽量で耐震性に優れているのが特徴です。

サビが発生している場合は部分的に屋根材を交換する方法か、ケレンでサビを落として綺麗にします。塗装は一般的に3回塗りですが、さび止め用の塗料を使用して複数回塗ることもあります。

:主な劣化症状

屋根材の浮き、剥がれ、色あせ、サビ、藻やカビ

 

スレート系

スレート系の屋根材にはいくつかの種類がありますが、源氏あの住宅で最も多く使われているのが化粧スレートです。これは、カラーベストやコロニアルとも呼ばれていて、比較的軽量で価格も安い屋根材です。

軽度のひび割れは、シーリング材を使用して割れた部分を張り合わせて補修し、板金が浮いている場合は新しいものに交換します。また、スレート屋根自体には防水性がないため、塗装して防水性を保つことが大切です。

:主な劣化症状

屋根材の浮き、剝がれ、色あせ、ひび割れ、藻やカビ、板金の劣化

 

セメント瓦

セメント瓦はセメント、水、砂で作られた瓦で、耐火性や遮音性に優れているのが特徴です。

セメント瓦は防水性を塗料に頼っていることが多いので、定期的な塗装が必要になります。瓦が破損している場合は1枚単位で交換し、漆喰が劣化している箇所は補修します。

:主な劣化症状

瓦の割れ、ズレ、チョーキング、藻やカビ、色あせ、漆喰の劣化

 

日本瓦

日本瓦は粘土瓦とも呼ばれていて、耐久性が高く100年以上持つとも言われています。塗装の必要がありませんが、漆喰は劣化するので定期的に点検、メンテナンスをする必要があります。

:主な劣化症状

瓦の割れ、ズレ

 

 

今回は屋根材の種類別メンテナンス方法について紹介させていただきました。屋根材にもいろいろな種類があって、それぞれの特徴に合わせたメンテナンスが必要となります。ぜひ皆さんのお家の屋根もチェックしてみませんか?劣化症状がないかなど、気になる方はぜひ弊社にお問い合わせください。無料で診断・お見積りを致します。

 

 

 

記事をご覧頂き誠にありがとうございました。

これからも長野県上田市密着の外壁塗装専門店「サンテクペイント」を

よろしくお願い申し上げます。

▼外壁塗装のおすすめ商品一覧こちら

▼サンテクペイントの施工事例こちら

▼外壁・屋根の無料診断こちら

▼上田市最大級の外壁塗装専門ショールームこちら

▼外壁塗装&屋根塗装についてのご相談こちら

▼上田市で雨漏りのご相談はこちら

長野県 上田市の塗装会社「サンテクペイント」