塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装するジキについて

塗装するジキについて

2021.03.10 (Wed) 更新

こんにちは。
長野県上田市の外壁塗装&屋根塗装専門店の サンテクペイント です。

本日は【塗装をするジキ 】についてお伝えさせて頂きます。

さて、皆様は塗装を行う適切なタイミングとはいつなのかご存知でしょうか?

『え〜、家が汚くなってきたらでしょう?』

たしかに自分のマイホームが汚く、見栄えが悪くなってきたら気になりますよね、、、

ただそれだけではないんです!

塗装を行う時期が大切になってきます。💁

それは建物の劣化状況から見える時期です。

これまでの一般住宅では、ウレタン塗料かシリコン塗料がよく使われました。

そのため劣化スピードは、その地域の気候や雨の当たり具合、紫外線の強さなど様々な要因によって違いますが、

だいたい「8〜15年周期」が塗り替えタイミングになると思います。

①塗膜が劣化して機能が失われると、むき出しになった外壁がダメージを受けてしまいます。

②外壁が傷むと、建物内に雨水が侵入し腐朽の原因になります。

③家の構造体が腐朽すると、余分なリフォーム費用がかかります。

これって、塗装するよりもかなりコストがかかりますよね、、

負のスパイラル〜〜😫😫

な・の・で!

早めの塗装をおすすめしているんです!💁

『でも、早めと言ってもいつ行えばいいのかわからないです』

そう思っている皆様!今でしょ!!あれ、どこかで聞いたことあるような?笑

すみません!そんな適当なことは言えません!

皆様でも塗り替えのタイミングだとわかるサインとして、チョーキングと言う現象があります

このチョーキングという現象が一番わかり易い要因の1つだと言えるでしょう。

壁に手をこすると塗料が手につく現象です。こんな現象が起きるとペンキが壁を雨や風などから守る役割がなくなっています、、

 

ですから、外壁塗装は塗膜が機能を失う前に塗り替えるのがひとつの基準になります。

 

誰でもできるので、ご自身やってみてみるといいと思います!

ただし、チョーキングが起きてないからと言って後回しにはしないように!目に見えない敵が潜んでいるかもしれません。

壁だけではなく、屋根も同じです。屋根だと下から見えないと思います。

 

そんなときは私達にぜひおまかせください!

無料診断させて頂きます!!

ぜひお問い合わせくださいm(__)m

記事をご覧頂き誠にありがとうございました。

 

▼外壁塗装のおすすめ商品一覧こちら

▼サンテクペイントの施工事例こちら

▼外壁・屋根の無料診断こちら

▼上田市最大級の外壁塗装専門ショールームこちら

▼外壁塗装&屋根塗装についてのご相談こちら

長野県 上田市の塗装会社「サンテクペイント」