塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 【コーキングの重要性】 

【コーキングの重要性】 

塗装の豆知識 2021.03.18 (Thu) 更新

こんにちは。
長野県上田市の外壁塗装&屋根塗装専門店の サンテクペイント です。

本日は【コーキングの重要性】についてお伝えさせて頂きます。

外壁塗装工事では、塗装だけではなく外壁の目地サッシ回りなどコーキング

住宅のいたる箇所に施されている「コーキング」の打替え工事も行います。

せっかく塗装したのに、隙間から雨風が入ったら意味がないですよね、、、

コーキング工事も外壁塗装と同じ様、住宅の寿命を長く持たせるために、必要不可欠なメンテナンスです。

 

 

 

 

コーキングが使われているところは、最初に説明した通りで主に、外壁目地(外壁材の継ぎ目部分)・玄関ドア回り・サッシ回り・配管回り等になります。

 

コーキングについて簡単にわかりやすくご説明させていただきます!!

 

✦コーキングの役割

コーキングの役割とは「雨漏りを防ぐ」ことや「住宅への負担の軽減」ことの大きく2つがあります。

 

建物の防水性を高める役割

玄関ドアやサッシなどは、簡単にご説明すると、外壁材に穴をあけて取り付けられているので、

窓枠回りに防水処理をしなければ、雨が降った際には簡単に雨漏りしてしまいます。

また、コーキングが施されていなければ、雨水が建物内部に浸水し

住宅の骨組である柱や土台も腐らせてしまいます。(腐朽菌など)

 

衝撃を吸収するクッションとしての役割

外壁材の継ぎ目部分に施されたコーキングには、建物へかかる負担を軽減させる働きがあります。

更に詳しく言えば、軽減させるだけでなく、外壁に起こるクラック(ひび割れ)の発生も抑えてくれているのです。              コーキング(ひび割れ)

コーキング材は、ゴムの様に柔らかく伸縮性に優れているため、外壁は地震や車が通ることによる

揺れや、外気の温度差が原因で生じる膨張・伸縮など

私達が何事も無く生活している中で、常にダメージを受けています。

これらの要因により、外壁材は日に日に劣化しクラック等目に見える症状が現れますが、

伸縮性のあるコーキングを目地に打ち込む事で、外壁の動きに合わせ柔軟に動き

外壁が受ける衝撃を緩衝し吸収しているのです。

サイディングやALCといった外壁材を破損させないためにも、コーキングが施されています。

 

もちろん、コーキングが施されていても「雨漏り」や「外壁クラック」は生じてしまいますが、

それはコーキングの劣化が原因です。

雨漏りの原因として多いのは、やはりサッシ回りや外壁目地からの浸水です。

そのため、コーキングのメンテナンスも怠ってはいけないのです

メインと思える塗装だけでなくあまり目立たないコーキングがとても大切ということなんです!

ちなみになんですが、、

サンテクペイントでは革命的なコーキング材とも言われている、オートンイクシードのコーキング材を使っております。

 

 

気になる方は、サンテクペイントのショールームにてわかりやすく展示していますので、是非お気軽にお越しください!

サンテク ショールーム

 

記事をご覧頂き誠にありがとうございました。

これからも長野県上田市密着の外壁塗装専門店「サンテクペイント」をよろしくお願い申し上げます。

▼外壁塗装のおすすめ商品一覧こちら

▼サンテクペイントの施工事例こちら

▼外壁・屋根の無料診断こちら

▼上田市最大級の外壁塗装専門ショールームこちら

▼外壁塗装&屋根塗装についてのご相談こちら

長野県 上田市の塗装会社「サンテクペイント」