塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 【ラジカル制御塗料】

【ラジカル制御塗料】

2021.09.02 (Thu) 更新

こんにちは。
長野県上田市の外壁塗装&屋根塗装専門店の サンテクペイント です。

 

本日は、【 ラジカル制御塗料 】についてお伝えさせて頂きます。

ラジカル制御塗料は、新しい技術でラジカルの発生と動きを抑制する特徴があります。現在最も耐久性と価格のバランスが良い塗料です。今回は、ラジカル制御塗料の仕組みと、ラジカル制御塗料のメリット・デメリット、を紹介していきます。

ラジカル制御塗料とは

ラジカル制御塗料は、ラジカルの発生や動きを抑制することで、塗膜の劣化を抑えることができる性質を持った塗料です。

 

ラジカルとは

ラジカルは、塗料に含まれている酸化チタンが紫外線などの影響で劣化した際に発生します。発生したラジカルは、樹脂などにダメージを与えて、塗膜を劣化させます。

 

ラジカル制御の仕組み

ラジカル制御塗料は、高耐候酸化チタンと光安定剤でラジカルの発生を抑制して、塗料の劣化を敷設性質があります。高耐候酸化チタンは、発生したラジカルを閉じ込める役割があり、光安定剤は、高耐候酸化チタンが捕まえきれなかったラジカルの動きを抑制します。

 

 

ラジカル制御塗料のメリット

コストパフォーマンスに優れている

構成の出価格が抑えられており、コストパフォーマンスが高い特徴があります。

 

チョーキング現象が起こりづらい

塗膜は紫外線などで劣化すると、表面に白い粉が付く「チョーキング現象」が発生します。ラジカル塗料は、チョーキング現象の原因になるラジカルの発生を抑制するので、チョーキングが起こりづらい特徴があります。

 

汚れが付着しにくい

光沢があるので、汚れが付着しづらい特徴があります。また、水がなじみやすい「親水性」があるので、雨によって汚れが流れ、汚れが蓄積しづらいです。

 

塗装できる下地が多い

サイディング、金属、モルタル、木部など、様々な下地に塗装をすることが可能です。

 

 

ラジカル制御塗料のデメリット

濃い色はできない

ラジカル制御塗料に含まれる高耐候酸化チタンは、白色顔料なので、濃い色を作ることができません。しかし、濃い色は、酸化チタンがほとんど含まれないので、ラジカルを制御する必要がありません。

 

 

今回は、ラジカル制御塗料について紹介しました。メリットが多く、現在では、最も耐久性と価格のバランスが良い塗料です。そのため、シリコン塗料にかわって主流になりつつあります。色に関して制限される部分もありますが、シリコン塗料と同じコストパフォーマンスを求める方にオススメです。

記事を読んで興味を持った方は他の記事で外壁塗装の劣化症状なども紹介しているので、ぜひそちらを参考に大切なお家の外壁について考えるきっかけにしていただけたら幸いです。何か相談などありましたら気軽にお問い合わせください!

 

 

 

記事をご覧頂き誠にありがとうございました。

これからも長野県上田市密着の外壁塗装専門店「サンテクペイント」を

よろしくお願い申し上げます。

▼外壁塗装のおすすめ商品一覧こちら

▼サンテクペイントの施工事例こちら

▼外壁・屋根の無料診断こちら

▼上田市最大級の外壁塗装専門ショールームこちら

▼外壁塗装&屋根塗装についてのご相談こちら

▼上田市で雨漏りのご相談はこちら

長野県 上田市の塗装会社「サンテクペイント」